250年かわらぬもの

投 稿 日 : 2011年6月19日

今から250年前。
日本では徳川幕府が10代目になったばかりの頃に
遠く離れたイギリスでエンピツは生まれました。

黒鉛と粘土を混ぜて焼く製造方法は今も変わらず・・・。

どんなに時代が変わっても同じものが使われているなんて
不思議な感じがします。

きっとその頃のペン立てもこんな形だったのかもしれませんね。

≫ひのきのペン立ての詳細はこちらへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です