勝手に元どおり

投 稿 日 : 2011年7月13日

キシルでは、木の素材を生かすため
表面をコーティングする塗装ではなく、
しみ込むオイルで仕上げています。

その手触りは木そのもの。

化学物質ではないので、へこんだり傷つきますが、
水拭きすると水分を吸った木が膨らんで、自然と元に戻ります。

ひのきは油分が多く、そのため自分のワックスで
表面が飴色に変化しますが、その油は次第に固くなって、
傷や汚れに強い丈夫な机になっていくのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です