「きこりという仕事」  〜取材こぼれ話〜

投 稿 日 : 2013年6月25日

2014年度のカタログでご紹介した、久米歩さん
静岡県内外の山に入り、森林管理の仕事を担うきこりさんです。

久米さんが伐採した木は、製材所を経てキシルの机にも使われています

きこりという仕事プロローグ

遠くに富士山を望む、小高い山の中でお話をうかがいました。

日本の山の現状、これからの森作り、
そして“現代のきこりの役割”について
分かりやすく、熱く語ってくださいました。

カタログではお伝えしきれなかったエピソードを
こちらでご紹介していきますね♪

≫Vol.1 「おひさまとヒノキ」
≫Vol.2 「間伐はどうしてたいせつなの?」
≫Vol.3 「この仕事を、この土地で選んだわけ」
≫Vol.4 「現代のきこりのミッション〜その1〜」
≫Vol.5 「現代のきこりのミッション〜その2〜」