「ぼくのおじいちゃんのかお」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2015年5月6日

今日の絵本は、

表紙のインパクトに釘付け!!

 

ぼくのおじいちゃんのかお

「ぼくのおじいちゃんのかお」

 

コピーライターの天野祐吉さんが文章を書いています。

ページを開くと、
次々にあらわれるおじいちゃんのいろんな表情。

 

「おじいちゃんはよくわらう。」
「あんまりわらうと、ないてるみたいだ。」

 

子どもたちに読み聞かせてみると、
みんな大笑いです。

 

 

しかし。
オモシロ絵本かと思って読んでいると、
時々、ドキッとした表情に出会います。
実はおじいちゃん、
なんでもお見通しで、すべてを悟っているのかもしれません。

 

 

読み終わると、
お年寄りに対する尊敬の念を抱かずにはいられない、

そんな深イイお話です。

 

 

《ぼくのおじいちゃんのかお》
天野祐吉/作
沼田早苗/写真
福音館書店