「わたしのワンピース」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2015年5月12日

今日ご紹介するのは、

母から子へ、子から孫へと親しまれている
ファンタジー絵本の超定番♪

 

わたしのワンピース

「わたしのワンピース」

 

空からおちてきたまっ白な布っきれを、
主人公のうさぎさんがワンピースに仕立てます。

 

できあがったワンピースを着てお花畑を散歩すると、
あらあら、ワンピースがお花模様に・・・・・・・。

 

 

次々とカラフルに色を変えていくワンピース、
「ミシン、カタカタ」「ラララン、ロロロン」などの
かわいらしい擬音語、
女の子ならきっとお気に入りの一冊となることでしょう。

 

いえいえ、実は男の子にも大好評

「息子が図書館でよく借りてきます」とか
「ワンピースの柄が変わっていくのが気に入ったみたい」など
男の子のママからも、そんな感想をよく聞きます。

(実はわが息子もこの絵本ダイスキでした!)

 

 

 

 

《わたしのワンピース》
にしまきかやこ/作・絵
こぐま社