【プレスリリース】 「学習机のキシル」からリビング家具が初登場。 国産ひのきを100%使用したダイニングテーブル、6 月17日新発売

投 稿 日 : 2016年6月17日

株式会社キシル(本社 静岡県浜松市、代表取締役 渥美慎太郎)はこのたび、新商品「ダイニングテーブル」を発表します。国産ひのきを100%使用し国内自社工場で製作した、純国産のテーブルです。6 月17日(金)より、キシルネットストアにて販売を開始します。

 

■リビング家具開発の理由 ~学習机作りのノウハウをリビング家具に~

当社は15 年以上前から、ひのき材を使った子ども用学習家具を手がけてきました。主に建築材として使われてきたひのきを、独自の技術で学習机作りに応用。現在までに延べ5 万人以上のお子さまにご愛用いただいています。そのノウハウを生かし、このたびリビング家具の開発をスタートしました。
第一弾がダイニングテーブル。丸太の仕入れから加工に至るまで完全国内自社生産にこだわり、59,800円(ロータイプは56,800 円/ともに税込・送料無料)というお求めやすい価格を実現しました。

dining

■キシルのダイニングテーブル・3 つの特徴

《その1:スタイリッシュな「テーパー脚」デザイン》
床に行くに従って少しずつ細くなるテーパー脚を採用。ともすれば重くなりがちな総ひのきのテーブルを、スタイリッシュに仕上げました。「木のぬくもりが好き」という素材重視の方から「おしゃれなダイニングテーブルがほしい」というデザイン重視の方まで、幅広い層にご愛用いただけます。

《その2:木の質感を最大限生かした塗装》
優しい肌ざわりはひのき家具の大きな魅力です。その素材感を最大限に生かすために、水や汚れに強いF☆☆☆☆レベルのオイル塗料で塗装し仕上げてあります。食事後にサッと水拭きしていただければ、汚れが残ることはほとんどありません。また、ひのきのさわやかな香りにはリラックス効果もあるといわれています。家族団らんの中心にぴったりのダイニングテーブルです。

《その3:ロータイプも同時発売》
近年、人気が集まっている「床に近い暮らし」。天井が高く感じられて開放感が増すため、室内空間が広く感じられるメリットがあります。昔ながらのちゃぶ台のイメージを保ちつつ、テーパー脚で軽やかに仕上げたロータイプもご用意。高さは35cm、食事をするのにも最適です。

daining-lo

■商品概要

『ダイニングテーブル』
・販売価格:59,800 円(税込)
・サイズ:幅150cm×奥行80cm×高さ70cm
・素材:国産ひのき無垢材 ・無節天板を採用

『ダイニングテーブル (ロー)』
・販売価格:56,800 円(税込)
・サイズ:幅150cm×奥行80cm×高さ35cm
・素材:国産ひのき無垢材 ・無節天板を採用

※いずれも6 月17 日(金)、キシルネットストアにて先行発売開始

 

 

■株式会社キシルについて

2002 年創業。「日本で一番にほんの木を使う会社」をめざし、飽和状態にある植林されたままの国産ひのきを積極的に使用して家具製造を行っています。2014 年、製材および木工加工の自社工場を設立。林業の六次産業化への取り組みが評価され、第1 回ウッドデザイン賞・林野庁長官賞(優秀賞)受賞。これからも日本の林業の活性化へ向け、生産量のさらなるアップ、新商品の開発に挑戦していきます。

 

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社キシル 広報担当:鈴木、田中
電話 053-415-8702(平日10 時~17 時)