「はなび」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2016年7月21日

いよいよ夏休み。
子どもたちにとって、楽しいこと目白押しの
1ヵ月半が始まります。

 

夏といえば、こちら!

はなびはなび

 

漆黒の空に美しく開く、大きな花火。
どんなお話かなとページをめくってみると、

 

 

出てきたのは花火工場。

秋祭りに打ち上げる大きな尺玉を
工場の職人たちがせっせと作ります。
その中の一人、あやこさんは
孫の入学祝いとして自分の花火を上げることに。

 

当日のお祭りのざわめきや、
それと対照的な打ち上げ現場の緊張感が
1枚1枚の絵からつたわってきます。

 

作者は秋山とも子さん。

いろいろな仕事やさまざまな人の暮らしに焦点を合わせた
ノンフィクションの作品を数多く手がける絵本作家さんです。

 

ていねいで細かな絵を見ているだけで
わくわくしてくる、夏にぴったりの一冊です。

 

《はなび》
秋山とも子/作
教育画劇