「ひとりぼっちのりんごのき」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2016年10月17日

スーパーに、秋のくだものがあれこれ並び始めましたね。

ぶどう、梨に続いて、りんごの季節が始まります。
そんなわけで、今日はこちらの絵本です。

 

 

ひとりぼっちのりんごのきひとりぼっちのりんごのき

 

主人公は、大きなりんご園のすぐ近くに育つ、
小さなりんごの木。

 

 

りんご園の木々は、おじいさんとおばあさんに
お手入れをしてもらい、ミツバチや鳥に囲まれてにぎやかです。

 

いっぽう
ひとりぼっちのりんごの木はその楽しそうな様子に、
「りんごえんにつれていってください」と頼むのですが
その願いはかないません。

 

春が去り、夏が来て、収穫の秋。
そして季節がめぐって次の春がやってくる頃、
小さなりんごの木が見つけたものは――。

 

 

木の一年間があざやかに描かれる
なかのひろたかさんの絵が印象的。

シンプルなストーリーなのですが、
何度か読むと、
ひとりで生きていくことの力強さや
小さな心が強く育つたくましさが
感じられます。

 

《ひとりぼっちのりんごのき》
三原佐知子/作
なかのひろたか/絵
福音館書店