静岡大学附属浜松小学校にて、お話をしてきました

投 稿 日 : 2016年10月19日

去る10月7日金曜日、
静岡大学教育学部付属浜松小学校にて行われた
「第94回教育研究発表会」

 

5年生の家庭科の授業に、キシルのスタッフが
ゲストスピーカーとして参加させていただきました。

 

この日の内容は「じょうずに使おう お金と物」
子どもたちがディスカッションしながら、
適切な”物の選び方”を学んでいくというものです。

IMG_2605

キシルは「物の作り手の立場」として
ものづくりや森林の環境についてお話をしました。

小学校でお話をさせていただいたのは初めてでしたが、
みなさん真剣に聞いてくれて安心しました。

 

これから物を選ぶとき、お得さや使いやすさ、安全性の観点に加えて
「作り手の思い」のことにも心を寄せてもらえたらうれしいです。

 

IMG_2635

どんぐりシャープナーを子どもたちに回覧。
「いいにおいがする」「木をくりぬいて作ったんだね」と
みんな興味津々でした。

 

 

キシルではこれからも、ものづくりや木にまつわる講話や
ワークショップをお受けしていきます。
詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。