【プレスリリース】「ウッドデザイン賞2016」受賞のお知らせ ~「“山とつながる”六次産業化モデル」ほか 3作品が受賞~   

投 稿 日 : 2016年10月26日

株式会社キシル(本社 静岡県浜松市、代表取締役 渥美慎太郎)は、「ウッドデザイン賞2016」(主催:ウッドデザイン賞運営事務局/後援:林野庁)を、応募した全3作品において受賞しました。ウッドデザイン賞は「木」に関するあらゆるモノ・コトを対象に、暮らしを豊かにする、人を健やかにする、社会を豊かにするという3つの視点から、デザイン性が優れた製品・取組等を表彰するものです。

wdesign2016
当社は2点のプロジェクトを単独応募、1点のプロジェクトを住友林業(株)、(株)ボーネルンド両社と共同応募いたしました。このたび3点すべてがウッドデザイン賞を受賞する運びとなりました。

今後は、ウッドデザイン賞を受賞した全251点の中から最終審査が行われます。最優秀賞(農林水産大臣賞)1点、優秀賞(林野庁長官賞)数点、奨励賞(審査委員長賞)数点が発表される予定です。
なお、当社が受賞した作品は次の通りです。

■“山とつながる”六次産業化モデル ~「キシル吉祥寺店」FSC®認証材利用プロジェクト~
 (ソーシャルデザイン部門/建築・建材・部材分野)

2

当社4店舗目となる直営店「キシル吉祥寺店」。その内装に、FSC®材の杉材を100%使用しました。建築にあたっては、当社の地元である浜松市内の製材・加工会社、そして都内のデザイン事務所と協力し、川上から川中、川下までの流れを作りました。当社がこれまで行ってきた「六次産業化プロジェクト」の集大成ともいえる取り組みとなりました。

 

■世界で1つの「じぶん時計」
(ハートフルデザイン部門/コミュニケーション分野)

1024_じぶん時計

お子さまの書いた数字をそのまま文字盤に刻印したオリジナルの時計です。学習机購入者への特典として、これまでに5500人以上のお客さまにお贈りいたしました。「小学校入学のいい思い出になった」と多くの親御さんから好評をいただいています。


■家族と共に育つ家具―キッズファニチャープロジェクト―
(ライフスタイルデザイン部門/コミュニケーション分野)
※住友林業株式会社、株式会社ボーネルンドとの共同応募

キッズファニチャー
                              ▲共同開発した収納家具(試作品)

「木を生かした住生活」を提案する住友林業、子どもたちに「より豊かなあそび」を生み出し続けるボーネルンド、そして当社がそれぞれのノウハウを出し合って進めていく家具開発プロジェクトです。第一弾として、現代の住まいにマッチした国産ひのき製収納家具を開発しました。異業種である3社のコラボレーションは、家具作りを通して国産材の活性化に貢献していきます。

当社はこれからも「日本の木で人を幸せにする」ことをミッションとし、多くの林業関係者やユーザーさまと協同しながら「日本で一番にほんの木を使う会社」をめざしてまいります。

 

 

■店舗・取扱商品に関するお客様からのお問い合わせ先
株式会社キシル お客様サポート係
Tel:053-415-8849(10:00~17:00 土曜・日曜定休)

■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社キシル つたえる推進部 広報担当:鈴木、田中
Tel 053-415-8702(平日 10:00~17:00)