「子うさぎましろのお話」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年12月11日

クリスマスが近づいてきましたね。

毎年、この時季になると思い出す絵本があります。

こうさぎましろ子うさぎましろのお話

 

 

 

ましろは、北の国に住む子うさぎです。
サンタさんにプレゼントをもらったものの、
出来心から
「僕はましろじゃないよ、
プレゼントまだもらっていないよ」
と言ってしまいます。

 

その嘘に気づいたサンタさんですが、
「小さなたね」を1つ、ましろにくれました。
はじめは喜んでいたましろ。
でも、時間が経つにつれて
嘘をついたことへの不安が
彼をおそってきました。

 

その気持ちと向き合って
ましろが思いついたアイデアとは……?

 

1970年初版のロングセラー。
クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりです。

 

 

 

 

《子うさぎましろのお話》
佐々木たづ/文
三好碩也/絵
ポプラ社