「静岡県立農林大学校」さんが研修に訪れました

投 稿 日 : 2018年1月9日

先日、キシル南工場にいらっしゃったのは

 

静岡県立農林大学校・林業学科1年生のみなさん。

 

昨年に引き続き、「木材利用」カリキュラムの一貫として、
研修に訪れました。

 

 

男子7名、女子3名、計10名の学生さんは、
みんな熱心にメモを取りながら
キシルがひのきで家具を作る理由やその意義について
耳を傾けていました。

008

 

 

その後、実際に家具作りの工程を見学。

005 (2)

 

学生さんたちからは

「より多くの人に木製品を使ってもらうための
仕掛け作りをたくさん知ることができた。
ホームページの工夫も興味深かった」

「工場内では、意外と手作業が多くて驚いた。
丁寧に作っていることが伝わってきた」

「工場長さんの
“命がけで木を伐ってくれた人のことを思いながら
家具作りをしている”という言葉が印象的だった」

などという感想が寄せられました。

学生さんたちの今後の学びに、
少しでも役に立てたらいいなと感じた一日でした。

 

 

静岡県立農林大学校