「ないたあかおに」 ~キシルの絵本棚~ 

投 稿 日 : 2018年1月26日

もうすぐ節分ですね。

 

 

幼稚園や保育園では、
「おにはそと~ ふくはうち~」と
豆まきを行うところも多いでしょう。

「鬼」と聞けば、当然怖いイメージ。

 

 

でも今日ご紹介する絵本の鬼は……?

 

泣いた赤鬼ないたあかおに

 

 

人間と仲良くなりたい、赤鬼。
でも人間たちは怖がって、赤鬼の家に
なかなか遊びに来てくれません。

 

すると仲間の青鬼が
「人間たちとそんなに仲良くなりたいなら、
一肌脱ごう」と
ある提案をしてくれます。

 

青鬼のおかげで、赤鬼は人間たちと
仲良くなりました。が、
当の青鬼との関係はというと・・・・・・?
実は、書店や図書館には
いろんな表紙の「ないたあかおに」が並んでいます。

浜田廣介さんの書いたお話に、
何人もの絵本画家やイラストレーターさんが
挿絵を描き、出版しているのです。

 

今回ご紹介したこちらの絵は、
版画作家の野村たかあきさんによるもの。
木版画の力強いタッチが印象的です。

 

 

いくつか読み比べて(見比べて?)みるのも
楽しいかもしれません。

 

《ないたあかおに》
浜田廣介/作
野村たかあき/絵
講談社