カテゴリー別アーカイブ: キシルの絵本棚 ~おすすめえほん~

「子うさぎましろのお話」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年12月11日

クリスマスが近づいてきましたね。

毎年、この時季になると思い出す絵本があります。

こうさぎましろ子うさぎましろのお話

 

 

 

ましろは、北の国に住む子うさぎです。
サンタさんにプレゼントをもらったものの、
出来心から
「僕はましろじゃないよ、
プレゼントまだもらっていないよ」
と言ってしまいます。

 

その嘘に気づいたサンタさんですが、
「小さなたね」を1つ、ましろにくれました。
はじめは喜んでいたましろ。
でも、時間が経つにつれて
嘘をついたことへの不安が
彼をおそってきました。

 

その気持ちと向き合って
ましろが思いついたアイデアとは……?

 

1970年初版のロングセラー。
クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりです。

 

 

 

 

《子うさぎましろのお話》
佐々木たづ/文
三好碩也/絵
ポプラ社

 

「くるくるくるみ」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年11月28日

秋は収穫の季節。

山にはたくさんの味覚が実る頃ですね。

 

 

今日はその中から、こちらの”実”をご紹介。

くるみくるくるくるみ

 

香ばしくておいしくて、
健康にもいい”くるみ”ですが、
どんなふうに実がなるか、知っていますか?

 

この絵本では、
主人公のゆうかちゃんが、
その秘密に迫ります……!

個性的な花の様子、
実のむき方などなど

知らなかった「くるみの一年」が
分かりやすいお話&挿絵で描かれています。

 

くるみクッキーやくるみどうふの作り方も
まとめてあるので、
試してみるのも楽しいですね!

 

《くるくるくるみ》
松岡達英/作・絵
そうえん社

 

 

「ゆうちゃんとめんどくさいサイ」  ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年11月9日

朝晩はすっかり寒くなり、
動きもだんだん鈍くなってしまう今日この頃。

「めんどくさいなぁ」なんて
親子で言ってしまうこと、ありませんか?

(私は毎日言っているような……)

 

ゆうちゃんとめんどくさいサイゆうちゃんとめんどくさいサイ

 

顔を洗うのも、着替えるのも面倒な男の子、ゆうちゃん。

怒ったお母さんから逃げるように、ゆうちゃんは
あちこちのおうちへ行ったあげく、
最後に居付いたのは「めんどくさいサイ」の家です。
そこでは、めんどくさいことをするのは一切禁止。
手を洗っちゃダメ、髪をとかすのもダメ、、、

 

そんな生活に、ゆうちゃんがとった行動とは?

イヤイヤ期のお子さんと、一緒に読んでみたい一冊です。

 

 

《ゆうちゃんとめんどくさいサイ》
西内ミナミ/作
なかのひろたか/絵
福音館書店

 

 

 

「てんさらばさら てんさらばさら」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年10月13日

今日ご紹介するのはこちらの本。

かわいい女の子が印象的な表紙です。

 

てんさらばさらてんさらばさら てんさらばさら

 

主人公の女の子、まゆ。
空から降ってきた雪のようなものに驚くと、

「それは”てんさらばさら”だよ」

とおばあちゃんが言います。
おしろいの粉をかけて増やしていくと、
幸せが訪れるそうです。
ただし、これを持っていることは
決して誰にも気づかれてはならないよ、と。

 

まゆはてんさらばさらを大切に増やします。
すると
ほしい下駄が手に入り、結婚し、子どもが生まれ、、、
まゆの身に、幸せが次々と訪れます。
まゆは毎日、てんさらばさらに
おしろいをかけて大切に育てていきます。

 

 

ところが、増えすぎたてんさらばさらの存在を
家族に感づかれてしまうのです。

「もうこれで、幸せはやってこない」と
悲しがるまゆに、
旦那さんがかけた言葉とは……?

 

 

 

女の子の「幸せ論」にもつながるこの絵本。

奥が深いです。

 

 

《てんさらばさら てんさらばさら》
わたりむつこ/作
ましま せつこ/絵
福音館書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だじゃれ世界一周」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年9月5日

大胆でユーモラスなタッチが人気の絵本作家、長谷川義史さん。

その真骨頂ともいえる「だじゃれシリーズ」第2弾が出ました。

 

 

だじゃれ世界一周
ダジャレ世界一周

 

「だじゃれ日本一周」に続く、世界編の登場です。

 

 

「はらぐあいわるいんです パラグアイ」
それはいかんぼじあ カンボジア」

などなど、
世界の国々をもじったダジャレが続々と展開される(だけ)の絵本。
でも子どもって、本当にダジャレ好きですよね。
読み聞かせ会などでは爆笑の渦が巻き起こります!

 

 

よく分からないままに世界の国々を暗記できてしまうという
うれしいおまけもついてきます!

 

 

ここに登場するのは全部で49カ国。
それ以外の国のダジャレを親子で作ってみたら
楽しいかもしれません。

 

《ダジャレ世界一周》
長谷川義史/作
理論社