タグ別アーカイブ: 季節のおすすめ

「ないたあかおに」 ~キシルの絵本棚~ 

投 稿 日 : 2018年1月26日

もうすぐ節分ですね。

 

 

幼稚園や保育園では、
「おにはそと~ ふくはうち~」と
豆まきを行うところも多いでしょう。

「鬼」と聞けば、当然怖いイメージ。

 

 

でも今日ご紹介する絵本の鬼は……?

 

泣いた赤鬼ないたあかおに

 

 

人間と仲良くなりたい、赤鬼。
でも人間たちは怖がって、赤鬼の家に
なかなか遊びに来てくれません。

 

すると仲間の青鬼が
「人間たちとそんなに仲良くなりたいなら、
一肌脱ごう」と
ある提案をしてくれます。

 

青鬼のおかげで、赤鬼は人間たちと
仲良くなりました。が、
当の青鬼との関係はというと・・・・・・?
実は、書店や図書館には
いろんな表紙の「ないたあかおに」が並んでいます。

浜田廣介さんの書いたお話に、
何人もの絵本画家やイラストレーターさんが
挿絵を描き、出版しているのです。

 

今回ご紹介したこちらの絵は、
版画作家の野村たかあきさんによるもの。
木版画の力強いタッチが印象的です。

 

 

いくつか読み比べて(見比べて?)みるのも
楽しいかもしれません。

 

《ないたあかおに》
浜田廣介/作
野村たかあき/絵
講談社

 

「子うさぎましろのお話」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年12月11日

クリスマスが近づいてきましたね。

毎年、この時季になると思い出す絵本があります。

こうさぎましろ子うさぎましろのお話

 

 

 

ましろは、北の国に住む子うさぎです。
サンタさんにプレゼントをもらったものの、
出来心から
「僕はましろじゃないよ、
プレゼントまだもらっていないよ」
と言ってしまいます。

 

その嘘に気づいたサンタさんですが、
「小さなたね」を1つ、ましろにくれました。
はじめは喜んでいたましろ。
でも、時間が経つにつれて
嘘をついたことへの不安が
彼をおそってきました。

 

その気持ちと向き合って
ましろが思いついたアイデアとは……?

 

1970年初版のロングセラー。
クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりです。

 

 

 

 

《子うさぎましろのお話》
佐々木たづ/文
三好碩也/絵
ポプラ社

 

「くるくるくるみ」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年11月28日

秋は収穫の季節。

山にはたくさんの味覚が実る頃ですね。

 

 

今日はその中から、こちらの”実”をご紹介。

くるみくるくるくるみ

 

香ばしくておいしくて、
健康にもいい”くるみ”ですが、
どんなふうに実がなるか、知っていますか?

 

この絵本では、
主人公のゆうかちゃんが、
その秘密に迫ります……!

個性的な花の様子、
実のむき方などなど

知らなかった「くるみの一年」が
分かりやすいお話&挿絵で描かれています。

 

くるみクッキーやくるみどうふの作り方も
まとめてあるので、
試してみるのも楽しいですね!

 

《くるくるくるみ》
松岡達英/作・絵
そうえん社

 

 

「めんたまいけのさかなつり」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年8月7日

今日ご紹介するのは、夏にうってつけの一冊。

めんたまいけのさかなつりめんたまいけのさかなつり

 

 

夏の昼下がり、お兄ちゃんと弟がさかなつりに出かけます。

あっちこっちの池をめぐり、
着いたのは「めんたまいけ」。

夢中になって釣りを楽しんでいるうちに
あたりはすっかり暗くなり……。

昼間歩いてきたはずの道が、なんだかとても怖く感じられます。
(でも最後はホッとできますのでご心配なく)

 

夏の夜をちょっぴり涼しくしてくれる、
読み聞かせにぴったりの絵本です。

 

現在、販売はされていない絵本ですが、
ぜひ図書館で借りてみてください。

 

《めんたまいけのさかなつり》
菅 瞭三/作
福音館書店

「すいか」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年7月31日

いよいよ夏本番ですね。

 

夏といえば、こちら!

すいかすいか

 

 

すいかの苗が、すくすくとツルを伸ばして
大きな実をつけ、みんなの口に入るまでを描いています。

 

ところで。

すいかのイメージは赤とグリーンですよね。
でもこちらの絵本は前ページがモノトーンで構成されています。

想像力をかきたてられるイラストに、
子どもも大人も引き込まれてしまいます。

(そして思わず色塗りをしてしまいたくなります!)

 

夏の夜の読み聞かせにおすすめです。

 

《すいか》
ひらやまえいぞう/作
福音館書店