タグ別アーカイブ: 季節のおすすめ「冬」

「ないたあかおに」 ~キシルの絵本棚~ 

投 稿 日 : 2018年1月26日

もうすぐ節分ですね。

 

 

幼稚園や保育園では、
「おにはそと~ ふくはうち~」と
豆まきを行うところも多いでしょう。

「鬼」と聞けば、当然怖いイメージ。

 

 

でも今日ご紹介する絵本の鬼は……?

 

泣いた赤鬼ないたあかおに

 

 

人間と仲良くなりたい、赤鬼。
でも人間たちは怖がって、赤鬼の家に
なかなか遊びに来てくれません。

 

すると仲間の青鬼が
「人間たちとそんなに仲良くなりたいなら、
一肌脱ごう」と
ある提案をしてくれます。

 

青鬼のおかげで、赤鬼は人間たちと
仲良くなりました。が、
当の青鬼との関係はというと・・・・・・?
実は、書店や図書館には
いろんな表紙の「ないたあかおに」が並んでいます。

浜田廣介さんの書いたお話に、
何人もの絵本画家やイラストレーターさんが
挿絵を描き、出版しているのです。

 

今回ご紹介したこちらの絵は、
版画作家の野村たかあきさんによるもの。
木版画の力強いタッチが印象的です。

 

 

いくつか読み比べて(見比べて?)みるのも
楽しいかもしれません。

 

《ないたあかおに》
浜田廣介/作
野村たかあき/絵
講談社

 

「子うさぎましろのお話」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年12月11日

クリスマスが近づいてきましたね。

毎年、この時季になると思い出す絵本があります。

こうさぎましろ子うさぎましろのお話

 

 

 

ましろは、北の国に住む子うさぎです。
サンタさんにプレゼントをもらったものの、
出来心から
「僕はましろじゃないよ、
プレゼントまだもらっていないよ」
と言ってしまいます。

 

その嘘に気づいたサンタさんですが、
「小さなたね」を1つ、ましろにくれました。
はじめは喜んでいたましろ。
でも、時間が経つにつれて
嘘をついたことへの不安が
彼をおそってきました。

 

その気持ちと向き合って
ましろが思いついたアイデアとは……?

 

1970年初版のロングセラー。
クリスマスシーズンの読み聞かせにぴったりです。

 

 

 

 

《子うさぎましろのお話》
佐々木たづ/文
三好碩也/絵
ポプラ社

 

「いしゃがよい」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年2月6日

風邪やインフルエンザ、流行していますね。

 

この季節になると、いつも思い出す絵本があります。

いしゃがよい
いしゃがよい

 

風邪をひいたパンダ、ファンファンを荷台に乗せて、
エンさんは自転車をこぎます。
ひと山越え、ふた山越え、医者通い。

毎冬エンさんは、風邪を引いたファンファンを
何度もお医者さんに連れて行くのです。

 

やがて月日は経ち、年老いていくエンさん。
すっかり大人になったファンファンは……。

 

 

「おじさんとパンダ」という不思議な組み合わせですが、
ふたりを結ぶ強い絆が、親子の愛情を感じさせます。

 

 

子どもが小さいころって本当によく体調を崩すし、
「なぜこのタイミングで!?」ということも多いですよね。
つくづく、子育ては思いどおりにいかないなぁと
落ち込んでみたり、悲しくなってみたり。

 

 

それでもわが子のために、
寒い中通院して、寄り添って看病して……。
きっとそのひとつひとつが、親子としての一ページを
作っていくのかもしれません。

 

《いしゃがよい》
さくらせかい/作
福音館書店

 

「リボンのかたちのふゆのせいざ オリオン」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年1月28日

空気の澄んでいる冬は、星がよく見える季節。
ちょっと寒いけれど、夜空を見上げてみませんか?

 

今日ご紹介するのはこちらです。

リボンのかたちの冬の星座オリオンリボンのかたちのふゆのせいざ オリオン

冬の星座の代表格といえば、オリオン座。
大きなリボンのかたちをしているので、
お子さまでも探しやすいですね。

 

この本は、東の空から上ってきたオリオン座と
その周りに見える星たちを紹介しています。

 

 

ちょうどいま、1月の末くらいの時季、
オリオン座は午後6時ごろに上ってきます。
8時から9時頃には、南の空へ移動してくるでしょう。
ちょっと寒いけれど、
親子で観察してみてはいかがでしょう。

 

ちなみにこの絵本、
人気の月刊絵本「かがくのとも」シリーズです。
初版は1988年なので、
「子どものころに読んだ!」というパパやママも
いるかもしれませんね。

 

 

《リボンのかたちのふゆのせいざ オリオン》
写真と文/矢板康麿
絵と構成/杉浦範茂
福音館書店

 

 

 

「だるまちゃんとうさぎちゃん」  ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年1月12日

今週末は、強い寒波がやってくるようですね。
外で遊ぶのもちょっと大変かもしれません……。

 

 

そんなときには、やっぱりおうちで絵本。
今日ご紹介するのは、こちらです。

だるまちゃんとうさぎちゃんだるまちゃんとうさぎちゃん

 

加古里子さんの、いわずと知れたベストセラー
「だるまちゃんシリーズ」の一冊です。

 

だるまちゃんがだるまこちゃんと
「雪だるま作り」を始めたことからスタートするストーリー。

読み進めていくと、
雪うさぎや手ぶくろ人形の作りかたが載っていて、
思わず一緒に作ってみたくなります。
読んだあとにも遊びがつながっていく仕掛けは
さすが、加古里子さんの絵本です。

 

 

40年以上前に出版された絵本なので、
ストーリーには「丹下佐膳」やら「座頭市」やら
昔のヒーロー?が登場します。
おばあちゃんに聞いたり、親子で調べたりしても
楽しいかもしれませんね。

 

 

《だるまちゃんとうさぎちゃん》
加古里子/作・絵
福音館書店