タグ別アーカイブ: 科学のえほん

「こっぷ」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2018年6月5日

蒸し暑くなってきて、
冷たい飲み物がごくごく飲みたくなる季節ですね。

そんなときに欠かせないのがこちら↓

 

こっぷ
こっぷ

 

 

どこのおうちにもありそうな、シンプルなコップ。
飲みものを飲むだけのものと思いきや……

 

 

この本ではいろいろな「使いみち」が繰り広げられます。

 

 

虫をつかまえたり、
犯人(?)をつかまえたり、
虹を作ったり。
こんなことにも使えるんだ、
こんな風にあそべるんだ、と
子どもの好奇心をくすぐる仕掛けがたくさん。

谷川俊太郎さんならではの、心地よい言い回しとあいまって
子どもたちの「科学ごころ」と「言葉ごころ」が
刺激されること請け合いです。

 

 

《こっぷ》
谷川俊太郎/作
今村昌昭/写真
福音館書店

 

 

 

「このよで いちばんはやいのは」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年12月27日

今日ご紹介するのは、こちらです。

このよでいちばんはやいのはこのよで いちばんはやいのは

 

表紙を見ると、
童話「うさぎとかめ」みたいなこの絵本。

でもこれは”かがくのえほん”なんです。

 

 

うさぎとかめを比べたら、うさぎのほうが足が速い。
でもチーターのほうが速い。
でもツバメのほうがもっと速い(知らなかったです、私)。

……というように、
どんどん速いものを見つけていく展開です。
さて、いったい
この世で一番速いものは何でしょう?

 

 

大人も唸ってしまうエンディングが印象的。
冬休みに親子で読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

《このよで いちばんはやいのは》
ロバート・フローマン/原作
天野祐吉/翻案
あべ弘士/絵
福音館書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「くるくるくるみ」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年11月28日

秋は収穫の季節。

山にはたくさんの味覚が実る頃ですね。

 

 

今日はその中から、こちらの”実”をご紹介。

くるみくるくるくるみ

 

香ばしくておいしくて、
健康にもいい”くるみ”ですが、
どんなふうに実がなるか、知っていますか?

 

この絵本では、
主人公のゆうかちゃんが、
その秘密に迫ります……!

個性的な花の様子、
実のむき方などなど

知らなかった「くるみの一年」が
分かりやすいお話&挿絵で描かれています。

 

くるみクッキーやくるみどうふの作り方も
まとめてあるので、
試してみるのも楽しいですね!

 

《くるくるくるみ》
松岡達英/作・絵
そうえん社

 

 

「すいか」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年7月31日

いよいよ夏本番ですね。

 

夏といえば、こちら!

すいかすいか

 

 

すいかの苗が、すくすくとツルを伸ばして
大きな実をつけ、みんなの口に入るまでを描いています。

 

ところで。

すいかのイメージは赤とグリーンですよね。
でもこちらの絵本は前ページがモノトーンで構成されています。

想像力をかきたてられるイラストに、
子どもも大人も引き込まれてしまいます。

(そして思わず色塗りをしてしまいたくなります!)

 

夏の夜の読み聞かせにおすすめです。

 

《すいか》
ひらやまえいぞう/作
福音館書店

「スギの絵本」 ~キシルの絵本棚~

投 稿 日 : 2017年7月5日

今日は図書館で見つけた、こちらの本をご紹介します。

 

 

杉スギの絵本 ~まるごと発見! 校庭の木・野山の木~

 

スギの木の歴史や種類、
人との関わり(人々は杉をどのように活用してきたか)などを
詳しくわかりやすく解説しています。

写真と絵がふんだんに使われているので、
親子で読めば、小さなお子さまでも興味を持てるはず。

 

杉玉や、杉のお香の作り方も載っていますよ。
夏休みの自由研究にしてみるのもおすすめです。

 

なお、このシリーズは「杉」のほかに
「サクラ」「イチョウ」「ドングリ」などがあります。
読み比べてみるのもおもしろいですね。

 

 

《スギの絵本》
正木 隆/編
宇野信哉/絵
農文協